ロータリーよ

ロータリーがもしかすると、その生産の歴史が途切れるかも知れないという。
マツダヴァンケルロータリーを量産化できたことを東洋工業は大いに誇るべきだし、できれば、新世代のロータリーを生み出して欲しいとさえ願う。
最初のロータリー車コスモスポーツは、どちらかというと、「帰ってきたウルトラマン」のMATビハイクルで憧れた。R360に似てはいるけれどはるかに洗練されたデザインが、ウルトラシリーズにもよく似合った。ポインターと並んで、歴代の名車に数え上げていいと思う。技術的にはアペックスシールの耐久性が低く、数万キロ単位で限界が来るとも聞いていた。
その後の東洋工業の節操なきRE車は、ファミリアREさえも生んで、とても楽しかった。今でも、キャロルにREを積んでいたらどうなっていたのだろうと思えるし、高出力でないロータリーを作っていたらどうなっていたのかと想像するだけでも面白い。3ロータリーのコスモもあったのだから、1ロータリー車ってのもあってもよかったのにと思うのだ。
高斎正SF小説ばりにルマンで優勝してしまったときには驚いた。驚くと同時に、ホンダだって日本人載せて低公害エンジンでモンツァで勝ってみろよとつぶやいていた。どこも、それがどんな企業利益につながるかはわからないけれど、こんなものが造れるんだ、こういう未来だって現実だってあるんだという風が吹いていた。
ジョブスの死によって、みんな彼の創造性に言及している。朝日新聞の「天声人語」でも書かれていて、夭折したが「本望」だったみたいな無責任な書きぶりには幻滅したけれど、明らかな目標や目的がなくっちゃ動けないというのはどうにも人間的でないだろう。動き始めたら目的やら夢が生まれることだっていくらもある。誰よりもいいもの作ろう、どこにもないものを作ろう、自分がいちばんいいと思えるものを作ろうというのは目的じゃない。意志だ。それで突き動かされた結果が、F1だったり、メジャーリーグだったり、美しいパソコンだったりすることは、よくある。よくあるのに、目標らや目的の合理性、見通しのあるなしで頭打ちにする。
書きながら思い出した。
小学生の絵画作品、写生のような作品を見ていたら、全部同じ感じに見えて戸惑ったことがある。手前に花が描かれていて、背景に校舎があって、ほぼ構図は同じ。長さの違う電信柱が立っていて、コンクリートの表情がよく描けているけれど全部同じモチーフ。なんだろう、これはと思って、展示会の係員さんに聞いたら、誰でもよい絵が描けるという酒井式描画法(方ではなくて、法らしい。法則なんだそうな)というのを使っているんですよと笑顔で答えてくださった。うまくは描けているけれどちっともいい絵とは思えなかった。こどもがもつ野生からずいぶんと距離がある。感性さえもこんな狭小なところに押し込められて、描画という技術だけで巧拙を評価されているのかと、ずいぶん悲しくなった。
iPodが出たとき、そんな技術はどこにでも転がっていることに多くの人が驚いた。もっと優れた技術もある。だけど、それはどこにもないものになった。酒井式何とかという法則をつめていっても、iPodを脅かす子どもは現れるまい。きっと、精緻にiPodを再現し、複写できる、せいぜい改良できる人が現れるだけだろう。すると、世の中にはあったものしかありえないことになる。人はもっと無駄や徒労を重ねるものだし、余計なことや余分なことから手を付けたがる。結局、精神的貧困に陥るとしか思えない。学校がそんな教育を今も続けているとは思えないが、もしかすると、そんな体裁だけのある絵や、手っ取り早く跳び箱が跳べたり、二重跳びができたり、作文が書けたりすることを大事にする親の意向もあるのかもしれないが、よくわからない。
70キロそこそこの人間を運ぶために、1トンを超えるクルマを作って、レアメタルやらなにやらと大量の資源を投入して、たかが数割の燃料消費率を稼いで地球を守ろうという朧気な戦略をもつハイブリッドカーの人気は、世界制服のためにご近所の幼稚園を襲撃するショッカーにも似たミスを感じるボクにとっては、ロータリーのような、それがガラパゴスと言われようとも、どこにもないものに力を注ぎ込むことにホモファーベルとしての人間の本質が隠れているように思える。
そうだ、今日はF1の予選。咆吼するエンジンに昂ぶる心情は、社会としてはどうでもいいはずなのに、ロープ際の逆水平に勇気づけられる精神の高邁な地平を感じさせる。
ロータリーは、ボクの世界には欠かせない。それだけのレゾンデートルでいいのかとも思うけれど、また、この世界に居続けて欲しい。CX7にロータリーってどお?SUVなら、燃費とかの基準も緩いし。最も、HVも所詮ガラパゴスなので、つうことは、完全に好悪の問題でしかないな。
じゃ、結論。ロータリー車がいないと、Dがつまらない。旧車ばっかりじゃどうもねえ。

車検

クルマが車検から帰ってきた。
噴射装置のプログラムをリロードしたら、何か燃費がよくない。
吹き過ぎか。
タイヤのせいもあるので、ちょっと様子を見る。様子を見るために白馬にでも行ってこようか。

フィットHV

150何万円だかのフィットHVが発売されるらしい。
HVという流れやこの先に来るPHVという流れが本当にいい方向なのだろうか。
ガソリンの革新が先どまり傾向にあるのかなあと時々思うのだ。
道具というのはシンプルになっていかなくてはいけないという思いがどこかこだわっている部分で、複雑なものはどこかに無理があるし、たとえ、複雑であってもインターフェースや形状は合理的な単純さが必要だと、何となく何でもそういう傾向に流れる自分を感じる。
テレマークも、フライフィッシングもその流れから全く外れてはおらず、ガンダムみたいな方向からはどんどん遠ざかりたい。カメラでもそうだ。何でもできるものなど用はない。
そうすると、HVのようなシステムにはどうも何か違う方向を感じている。洗練されていかないというのか、例えば、過剰な空力性能、転がり抵抗の少ない専用タイヤなどを用いないで燃費や効率、使い勝手を高めるような商品を持ち出すことでなければ道具としては片手落ちだろう。あるいは、そうしたものがクルマとしてのスタンダードになるような考え方をとるべきだが、トヨタもホンダもハイブリッド専用車のデザインを他の車種に広げるつもりはないようだ。それは特別な道具を作っている感覚で、ユーザを選ぶ。地球環境に配慮した目覚めたユーザですよという記号があるだけで、何が次の時代に進んで行くのかさっぱりつかめない。
実は、よく似たような感じで語られるHVとEVは構造上全く正反対の性格をもっている。複雑な制御を組み合わせて、いわば運用までも激しく制御しながら奏功しているHVに比較して、EVはその構造を恐ろしくシンプルにできる。大雑把に言えば、プラモデルみたいなもので、電池とモーターがあれば走るのだ。そうすると、既存のクルマをEVに変えてしまうのは、同じことをHVに施すことの厄介さに比べるとその違いがわかるだろう。PHVになるとまたいよいよである。
町中を見ていると、近距離のコミューター的な動きのある乗り物は案外多い。そして、多くのクルマは一日の大半を停車している。普及はそうしたものから進められるべきで、今のような一般ユーザをHVやEVに誘導するようなやり方は全くの愚策だと思う。
ただ、課題は多いのだろう。デジカメの普及で、これまで光学系メーカーが展開していた分野に電気系のメーカーが参入できるようになったとして一気にブランドが多彩になったが、今になってみると、生き残ったのは、以前からのカメラメーカーがほとんど。やはり、蓄積したノウハウは伊達ではない。銀塩フィルムカメラパラダイムで用語なんかがすっかり通用している。いや、そうでもないか。そういう置き換えをしているのは、一部のユーザなのかもしれないな。
フィットHV、それに続くビッツHVがちまたにあふれても、うちのまわりは、もみじマークの軽四があふれている。そこらがシフトするような環境は、政策的な動きしかあり得ない。

お世話になったお店

ずっと三菱の車に乗っているが、その間ずっとお世話になったお店が5月いっぱいで閉店という案内がやってきた。約30年というところかな。
ぶつけたり、直したり、ずっと世話になってきたが、寂しい限りだ。何でも道路にひっかかっていろいろあって、こういうことになったそうだ。
何だか惜別の花でも贈りたいくらいだ。
ずっと丁寧に真面目に対応してくださっていた。おかげで、たくさんの思い出を作りました。
オイル交換が最後になるかな。ちゃんと挨拶しておこう。

感覚のずれ

トヨタプリウスでABS制御の関係で一瞬ブレーキが利かなくなった感覚になるという。
トヨタの説明では、ドライバーの感覚で決して欠陥やリコールの対象ではないといい、そうでありながら、ABSの制御プログラムを変更していた。こういう感覚でクルマを作っていたのかと、ABSどころか、ラーメンや以下の説明にあきれかえる。「使う側が決める話」と切り捨てた前原大臣が全く正論だろう。
クルマに操る楽しさとか、走る喜びよりも環境とか、燃費とか、販売額とか、価格とか、どこか運転する人の感覚から離れたパラメーターでの価値観を広げていたのはこいつらだなとようやく気付いた。
走りがどうのこうのというCMも少なくなった。広い、豪華、安い、エコ。反発し対立する売り文句を当たり前のように飲み込んでいる消費者も洗脳されていたわけだ。
高速道路無料化の議論があって、そちらでも奇妙な論理が先行している。
無料化すると高速にクルマが溢れて排気ガスで温暖化が加速する。
クルマをもっていないので、持っている特定の人に税金を使われるのは不公平。
いずれもおかしさに気付かない。
前者は、まず、動いているクルマが高速道路にシフトするだけなら排出されるガスの量は変化がない。むしろ、一般道とのシェアリングで効率的になるなら温暖化にはメリットとなる。しかし、行楽で遠出するとなれば、その分の足は増えるが、現在のような1回1000円のやり方は、途中下車を抑制するため、どうしても無理をして遠出をしている可能性がある。無料化によって、適正なトラフィックに落ち着くはずである。
後者では、無料化によってむしろ大きなメリットを享受するのは物流である。今の1000円の制度では、この国の多くの物流を担っているトラック輸送は対象外。一般道への負担も大きい物流を高速道路にシフトすることによって高速道路の有効利用と物流の安定を図ることも可能になる。それは中小の物流業界にもメリットは大きい。そして、何よりも重要なのは、その物流の恩恵はおそらく国民のだれもが享受している。
また、1万円のブランドエコバッグみたいなことになるのか、あるいは、割り箸不要論になるのか、システムとしての社会をあまりに無視した乱暴な議論は、きっと教育にあるんだろうと悔しい思いをしている。